1: スタス ★
打ち上げ時ロケット
ezgif-1-bdec24fe64

反応
no title


-----------------------------------------
民間企業のロケット 打ち上げ直後に落下し炎上

北海道大樹町のベンチャー企業が開発した全長10メートルの小型ロケットが30日午前5時30分ごろ、町内の発射場から打ち上げられましたが、直後に地面に落下し、機体が炎上しました。会社によりますと、発射場は立ち入りが制限されていて、けが人はいないということです。

北海道大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」が開発した全長10メートルの小型ロケットは、30日午前5時30分ごろ町内の発射場から打ち上げられました。

しかし機体は直後に勢いを失って地面に落下し、激しく炎上しました。

会社や地元消防によりますと、ロケットの発射場は半径600メートルの範囲で人の立ち入りが制限されていて、けが人はいないということです。

この小型ロケットは、民間企業が単独で開発・製造したものとしては国内で初めて高度100キロの宇宙空間への到達を目指していました。

去年7月の初めての打ち上げでは、機体に想定以上の力がかかり高度10キロのところで破損したほか、ことし4月には直前に機体のトラブルが見つかり打ち上げは見送られていました。

国内のロケット開発は、これまでJAXA=宇宙航空研究開発機構が主導して行われていて、今回の民間単独のロケットの打ち上げが成功するかどうか注目が集まっていました。

■「MOMO」2号機とは

炎上した民間ロケットは、「MOMO」2号機と名付けられ、全長は10メートル、直径50センチと電信柱ほどの大きさがあります。

重さは燃料を入れた状態でおよそ1トン余りあります。

燃料のエタノールと、燃料を燃えやすくする液体酸素が、それぞれ400から500リットル搭載されていて、燃料をエンジンに送り込む、高圧のヘリウムガスも積まれていました。

燃料を入れる作業は、発射場から600メートル離れた指令所から遠隔操作で行っていたほか、周囲1500メートルは一般の人の立ち入りが制限されていました。

また、人工衛星は載せられていませんが、高知工科大学が開発した音波の観測装置が載せられていました。

■ロケット1機で数千万円

ベンチャー企業によりますと、ロケット1機の製造にかかる費用は数千万円だということで、今回、インターネットで出資を募る「クラウドファンディング」を通じて、900人余りからおよそ2800万円を集めたということです


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180630/k10011502051000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001








25: 名無しさん@1周年
>>1
これは生で見たかったw

26: 名無しさん@1周年
>>1
Gifクソワロタ

素材に使えるなww

36: 名無しさん@1周年
>>1
失敗した途端子どもと老夫婦が静止画になってて草

42: 名無しさん@1周年
>>1
ネタだろ?

127: 名無しさん@1周年
>>1
ほんとだ。唖然としてるw

261: 名無しさん@1周年
>>1

完全にコントだよw

279: 名無しさん@1周年
>>1
花火にもなってねえw
金掛かった一発ギャグwww

612: 名無しさん@1周年
>>1
老夫婦ワロタw

894: 名無しさん@1周年
>>1
制作費数千万円のgifすげえ

944: 名無しさん@1周年
>>894
そんなの安い安い
この動画は5億ドルかかってるぞ



3: 名無しさん@1周年
芸術は爆発だ!

9: 名無しさん@1周年
ナイスギャグ

21: 名無しさん@1周年
思った以上にダメで今年一番笑ったw




引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530321347/